プレミアムな

タマゴサンド。


皆様こんにちは。


卵焼きを食べてるんじゃないか?と思ってしまうほど、

厚みのあるジューシーなタマゴサンドってありますよね。

食べた感を感じる、プレミアムなやつです。


どうやって作ってるのかな~って私なりに考えてたんですが、

恐らく従来のタマゴサンドのタマゴを、卵焼きで包み込んでるんじゃないかと。

あくまで私の考察ですので参考になさらず笑


今度は時間見つけて作ってみます、結果をお楽しみに。


さぁ本日は、日本靴磨き選手権の予選会が開催されます。

銀座工房からはおかじが参戦。

予選のために練習を連日重ねていたので、

今日は是非ともその努力を存分に発揮してもらいたいところ。


そんな予選会に合わせて、本日はハイシャインのお話をします。


正直ハイシャインって、人によってやり方が全然違う。

銀座工房でも、同じやり方でハイシャインをしているスタッフは誰一人としていません。

ただ、ハイシャインをするにあたって最低限は抑えておきたいルールはあるので、

そこにフォーカスしていきます。


まずは、

e0197577_10481159.jpg

ワックスを指に巻いたコットンに取って、トゥ部分に塗り込みます。

イメージとしては毛穴を埋めていく感じ。


塗った直後は、

e0197577_10511140.jpg

こんな感じ。塗った後が残り曇った感じになります。


ここで加えるのが、

e0197577_10513150.jpg

水。

ワックスに水を馴染ませるように、全体的に広げていきます。

水はあくまで少量、私は12滴くらいぐらいでしょうか。


水がある程度馴染んでくると、

e0197577_10574943.jpg

最初に塗り込んだ時よりも、曇りが取れてきていますよね?


まだ曇りが残ってしまっているので、

さらに水を加えて馴染ませていくと、

e0197577_10581792.jpg

曇りが取り切れて、色に深みが出て艶が出てきました。


これがハイシャインの基本となります。

この一連の流れを繰り返すことで、


このようなトゥに輝きを生み出せるわけです。

e0197577_10584190.jpg
e0197577_10584944.jpg

んが、先ほどもお話しした通り、

ハイシャインは一人一人やり方が違います。


ワックスと水の量や、塗り込むタイミング、指にかける力など、

ちょっと違うだけで水面のような透明感、車のボディのような強い輝きと、

仕上がりも大きく異なってきます。


ただ、それだからハイシャインはやればやるほど面白く奥が深い。

皆様も自分だけのハイシャインを、是非。


シューケアマイスター靴磨き工房 銀座三越店 シューヘイ


e0197577_01271953.jpg

Instagramで靴磨きキャンペーン実施中!!
↑↑↑↑↑↑↑
詳しくはこちらをクリック


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
162.png162.png大切な人への贈り物162.png162.png


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



by repaircareginza | 2018-10-14 12:00 | 靴磨き shoecare

銀座(三越銀座店5F) 靴修理(メンズ、レディス)・靴のお手入れ工房です。    TEL:03-3535-9637


by repaircareginza