【Anthony Cleverley】わかってきました、サイドエラスティックの気分

こんにちは!チオノタイカイです!
先日、新しく靴を買いました。
ひさしぶりにかなり古めの一足で、現在は恐る恐る家でクリーニングを進めています。
古靴は履くコンディションにするだけでも手間がかかりますが、その手間がいとおしく思えてくるので不思議ですよね(笑)

さて、そんな新しい靴を買ったチオノタイカイですが、最近は靴の趣味が広がってきています。
例えば、今一番履いてみたいなぁ~という靴はこちらの一足です。

e0197577_09563851.jpg
【Anthony Cleverley】
「クレバリー」といえば、ジョージ・クレバリーの方をご存知の方が多いような印象です。
アンソニー・クレバリー氏はジョージ氏の甥にあたり、特に造形美を追求したビスポークシューメーカーです。
現役当時から最高級のビスポーク職人として名を馳せたアンソニー氏ですが、若くして亡くなってしまいました。
そんな偉大な靴職人の残した木型を元に復興されたブランド、それが「Anthony Cleverley」です。

既成靴であるとはいえ、作りは最高峰。
見てわかるほどに革もこだわった最高級のものが使われています。
この綺麗で透明感のあるムラ感は、控えめながら見ているだけで楽しませてくれますね。

そして……チオノタイカイが注目しているのはここです!
e0197577_09570215.jpg
サイドエラスティックの靴って昔はまったく興味がなかったです(笑)
男なら履きやすさなんて求めちゃいかん!硬派な男は紐をギュっとしばって靴を履くんだ!
……なんてことを考えたりもしましたが、今ではむしろデザイン的にもいいなぁと思うようになりました。
いちいち紐を結び直す手間のない履きやすさは魅力ですが、それよりも注目しているのはデザイン。
特にこちらは紐がイミテーションで革と同色になっています。
実は昔、なんだか革靴の紐って落ち着かないなぁとか思って結び方を工夫して羽根の裏に隠して履いていた時期がありました。
もちろんそれは変な結び方だし足あたりも悪く、すぐにやめてしまいましたが(笑)
しかしこちらのサイドエラスティックなら一挙に解決。
足元にくるとバランス感が新鮮です。
ゆらゆら揺れる紐がないだけでずいぶんと雰囲気が変わります。

う~ん、ワードローブに欲しい一足です……!




修理の事はお任せください↓↓
シューズ&バッグリペアコーナー銀座三越BLOG

----------------------------------
銀座三越 シューズ&バックリペアコーナー
------------------------------------------------
■東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越5階
■営業時間10時30分~20時


by repaircareginza | 2017-03-03 10:13 | NOW ON SALE

銀座(三越銀座店5F) 靴修理(メンズ、レディス)・靴のお手入れ工房です。    TEL:03-3535-9637


by repaircareginza