ピンポイントな豆知識

みなさんこんにちは!
人よりも歯が鋭いせいで口の中を噛むと大ダメージなフラナガンです!
一回噛んでしまうと絶対もう一度は同じ所を噛んでしまいますよね…
あの現象に名前はあるのでしょうか。不思議です。

名前といえば…

e0197577_15504799.jpg

オールソールで選ばれることや、高級靴でも標準装備されていることも多いこの「ダイナイトソール」
「ダイナイト」の由来、ご存知ですか?
このソール、正式名称はスタッテッドソールというものです。
そう言われてみると確かに、丸い突起がスタッドの役割を果たしてグリップ力に優れそうなことが見て取れます。
そして、「ダイナイトソール」と呼ばれるようになった由来というのが、このソールを開発したハルボロラバー社の工場が「昼も夜も(Day and Night)休みなく稼働していた」ことから…らしいです。
Day and Night → Dainite という訳ですね。

お次はこちら

e0197577_15505668.jpg

工房ではお馴染み、紗乃織靴紐ですが…
今回注目するのは先端部分!所謂「セル」という部分ですね。
この部分ですが、「セル」以外の呼び方があるのをご存知でしたか?
実は別名「アレグレット」とも言います。
「セル」はもちろん英語ですが、「アレグレット」はフランス語。
(日本語では何と呼ぶのでしょうか…)
音楽用語でも「アレグレット」というのがありますが、それとは無関係のようです。
フランス靴の紐に関しては、「このアレグレットが取れちゃって…」
なんてサラッと使いこなせるとカッコイイかもしれませんネ!

※申し訳ございません!間違えてしまいました!
×「アレグレット」
○「アグレット」
意味は「針」です><

以上、靴好きには常識かもしれない、本当にピンポイントな豆知識でした!
他に豆知識をお持ちの方は是非とも僕にご教授ください!

フラナガンでした!



修理の事はお任せください↓↓
シューズ&バッグリペアコーナー銀座三越BLOG

----------------------------------
銀座三越 シューズ&バックリペアコーナー
------------------------------------------------
■東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越5階
■営業時間10時30分~20時






by repaircareginza | 2017-02-01 16:15 | 靴修理

銀座(三越銀座店5F) 靴修理(メンズ、レディス)・靴のお手入れ工房です。    TEL:03-3535-9637


by repaircareginza