200年以上の歴史、英国製"本物の靴ベラ"「アビィ・ホーン」(ABBYHORN)

皆様こんにちは。チオノタイカイです。
今回は当店でも大人気「アビィ・ホーン」についてのお話です。

e0197577_12033645.jpg

突然ですが、靴ベラを英語でなんと言うかご存知でしょうか?
英語では……「shoe horn」
「shoe」=靴 「horn」=角
つまり動物の「角」でできたものが一つの「靴べら」の起源なのです。
今では技術が進み、プラスティック製の「角の見た目に似せた」ものが多く流通していますが、それらはいわば「本物」ではなく、
本当の意味での「靴べら」=「shoe horn」というと、まさに水牛の角でできたものではないでしょうか。

さて、とはいえプラスティック製のものは「軽い・安い・大量生産可能」ということもあって、次第に市場のほとんどを占めていきます。
昔は多くのシューホーン・メーカーがあったことでしょう。
しかし、いまや本物の水牛の角を使っているシューホーン・メーカーはかなり少ない状況です……。
産業革命のおかげで便利な世の中になりましたが、伝統的な職人は少なくなってしまいました。

そのような中でもイギリスの「ABBYHORN」は創業1749年。
今でも続く中では最古のシューホーン・メーカーとも言われており、
最もオーセンティックな形で、昔ながらの製法、昔ながらの素材、本物の靴べらを作り続けています。

e0197577_12041627.jpg
銀座工房では、携帯用サイズから玄関用のサイズまで各種取り揃えております。
アビィ・シューホーンの特徴は天然素材ならではの一点一点ちがう表情。
一つ一つが色も柄も異なるいわば「一点もの」。
当店は都内でも屈指の品揃えですので、店頭にて吟味していただきお気に入りの一本を見つけられると思います。
またぜひ実際に使っていただき、重厚感のある手触りとスルリとした滑らかな使い心地をお確かめください。

お値段は3,800円~20,000円(税別)までご用意しております。
ご新居祝い、送別品、新卒祝いなどなど各種ギフトにも対応しておりますので、プレゼントをお考えの方にも大変オススメです。

当ブログでは定期的に入荷情報、珍しい一本などをご紹介しておりますので、こちらもぜひご覧ください。


修理の事はお任せください↓↓
シューズ&バッグリペアコーナー銀座三越BLOG

----------------------------------
銀座三越 シューズ&バックリペアコーナー
------------------------------------------------
■東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越5階
■営業時間10時30分~20時
■℡03-3562-1111
----------------

by repaircareginza | 2016-09-28 12:12 | ABBYHORN

銀座(三越銀座店5F) 靴修理(メンズ、レディス)・靴のお手入れ工房です。    TEL:03-3535-9637


by repaircareginza